The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
【--年--月--日(--) --時--分】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ようやく留守録したものを見たのでまとめて
【2005年10月17日(月) 23時47分】
ツバサ・クロニクル: #25『究極のゲーム』
               #26『最後の願い』
    
    最終話(26話)にて、『まさか、ここでサクラの記憶を取り戻して旅が終了!?』
    と思わせらせそうな展開でしたが、結局そうはならずに『俺たちの旅は(ry』で第一部完。
    
    第二部は来年春からの放送らしいので、一応チェックするかなぁ。 

    ツバサ・クロニクル公式ホームページ
    http://www3.nhk.or.jp/anime/tsubasa/
        
交響詩篇 エウレカセブン: #25 『ワールズ・エンド・ガーデン』
                   #26 『モーニング・グローリー』

    #25 レントン、エウレカに会いに月光号に行く決意を新たに
      という意思が感じられました。それにしても今話限りの
      ゲストキャラにしておくにはもったいですなウイル。
      ぜひ再登場希望。

    #26 レントン&エウレカ再開。
      今までお互い抑圧されていた感情が解放され、
      まさに2クール目を締めるに相応しい話でした。
      しかし、一方でホランドやチャールズ&レイ夫妻に暗雲が…。
スポンサーサイト
別窓 | 視聴時間 | コメント:0 | トラックバック:0
SEED DESTINY終了
【2005年10月02日(日) 23時59分】
ガンダムSEED DESTINY: #50『最後の力』

    最終回なのに本来の主人公?であったシンの見せ場が殆どなかったの残念です。
    デュランダル議長へ銃を向ける人物がキラではなくシンであったら良かったのですが…。
    
ツバサ・クロニクル:#24『死闘のヤイバ』

    残すところあと2話、どのようなクライマックスとなるのか?
    今回はす黒鋼と星史郎による刀と刀のぶつかり合いのバトルシーンが良かったです。
    
交響詩篇 エウレカセブン:#24 『パラダイス・ロスト』
    
    父親と母親の記憶がないレントンにとっては辛いビームズ夫妻との別れ。
    そういえば今までレントンの父親と姉の事は語られていたが、
    母親の事が一切語られていないのは今後の展開の伏線なのだろうか?
別窓 | 視聴時間 | コメント:0 | トラックバック:0
SEEDとツバサは最終回に近くなったなぁ。
【2005年09月25日(日) 23時57分】
ガンダムSEED DESTINY: #49『レイ』

    ネオ・ロアノーク(ムウ・ラ・フラガ)がアークエンジェルを庇うシーンの所で
    『不可能を可能にする男だ。』の名台詞で逝ってしまうのかと思っていましたが、
    アカツキのビームコーティング機能で防いでしまう展開には驚きました。
    前作は物語の終盤に来ると主要キャラが次々にいなくなってしまう展開でしたが、
    今作はもしかしたらこのまま誰も死なないで終了する可能性もあるかも?!(勝手な想像)    
    
ツバサ・クロニクル: #23『消えゆくイノチ』
    
    桜都国の住民がほぼ全員死亡状態になったという所や、
    小狼とサクラが同時に消えてしまうシーンなど、原作とは微妙に違った表現がありましたが、
    これはこれで良い表現であったなぁと思いました。
    
交響詩篇 エウレカセブン: #23 『ディファレンシア』

    今回はビームズ夫妻とゲッコーステイトの環境の対比が凄かったですね。
    それだけにレントンの今後の身の振り方がどうなるのかが気になります。
    
別窓 | 視聴時間 | コメント:0 | トラックバック:0
おくれた視聴日記
【2005年09月19日(月) 10時24分】
ガンダムSEED DESTINY: #48『新世界へ』

    レイ・ザ・バレル、クローン告白。レクイエム修復完了&発射。
    話は進んでいるようだが、殆どは今までのカットの使い回し(総集編!?)でした。
    ディスティニープランのおちゃらけ説明アニメの所がワラいどころかな。

ツバサ・クロニクル: #22『消せないキオク』
    
    すももと琴子が登場、相変わらずのまったり進行です。
    来週は星史郎vsファイが見所といったところでしょうか。
    どうやらこのアニメは2クール(26話)で終了するようです。
    しばらくしたら続編も放送するのかな?
    
交響詩篇 エウレカセブン: #22 『クラックポット』

    レントン月光号を脱走後チャールズ&レイ夫妻の所にお世話になる話。
    LFOに乗ること=「人殺し」に悩むレントンでしたが、
    チャールズの生き様がレントンの心にちょっとした転機を与えました。
    今回は今までの暗いストーリー展開ではなく、前向きな話でしたので正直ホッとしました。
別窓 | 視聴時間 | コメント:0 | トラックバック:0
ちょっと遅れた視聴日記
【2005年09月12日(月) 00時18分】
ガンダムSEED DESTINY: #47『ミーア』

    この終盤にきてまた総集編ですか。まぁそれはさて置き、
    今回の話はミーア自身がが信じてきた信念が揺れ動いていく過程が現れており
    総集編としては良い出来ではあったと思いますよ。
    残りの話数でデュランダル議長『ディスティニープラン』宣言から
    どう話を消化しきるかが見所ですかね。    

ツバサ・クロニクル: #21『鬼児のスガオ』
    
    桜都国終盤の重要人物星史郎さん登場。しかし、両目とも普通でした。
    小狼の時もそうでしたが「片目が○○なのか」というのを
    映像的にに表現するのは公共放送ではダメなようですな。
    
交響詩篇 エウレカセブン: #21 『ランナウェイ』
    
    最近のエウレカは暗い話ばかりが続いて辛かったが、
    今回は何気にコメディシーンが(バッグからブラ発掘やレントン口からポテチ発射など)
    あったりもしたので、さほど辛くはなかったですね。
別窓 | 視聴時間 | コメント:0 | トラックバック:0
| 漆黒の珈琲時間 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。